パンターを楽しみに

 

交錯に配列されたロードホイールは第二次世界大戦時のドイツ戦車の特徴といえます。ドイツのエンジニア達は工夫を凝らして、シャーシを延長しなくてもより多くのロードホイールを取り付けられるようになります。これらのロードホイールは戦車の運動性能を発揮させ、遠くから戦果を収める理由になります。パンターは初めて交錯に配列されたロードホイールを使用していた中戦車です。MENGはそれを忠実に再現しました。
 MENG SPS-049 Sd.Kfz.171 パンター用足回り部品キットはまもなく発売します。金属製バーが可動式履帯とメタルピンと組み合わせ、模型の鑑賞性を高めます。また、三種類のパンターA用ツィンメリットコーティングのSPS-050、051、052と053も同時に発売できます。パンターAをお楽しみください。