耳目を一新するの“パンサー”砲塔

 

   時々汚い殘酷な作戦環境に直面して,しかし戦車は技術兵器として,実際には非常に適切なメンテナンスが必要だ。細かいことを重視するドイツ人はもっとそうなんだ,もともと戦車の数量が足りない,条件が許すときいつも手に入れるように心をこめて世話をする。長い距離輸送可能な悪天候に対応するため,砲塔が全部にリュックを覆う。

   MENG今回発売されるのSPS-059 ドイツ中型戦車Sd.Kfz. 171“パンサー”D型運送状態砲塔は樹脂製品。砲塔と砲身がにリュックを覆う,電子彫刻のテクスチャは自然に生き生きしている, MENGTS-038 ドイツ中型戦車Sd.Kfz.171“パンサー”D仕上げで,唯一無二の運送状“パンサー”を作る。