深センスケールモデル・コンテストへようこそ!

 

2018年中国深センスケールモデル・コンテストの主催者の誘いをいただいて非常に喜んでいます。華南地域にあるMENGも地元で行われたショーで出展できて何よりですね。深セン会社の創業は今年7年目になって、ついこのショーに会います。

 

 

地元企業として、MENGは会場でいろいろな活動を進める予定です。まず、会場限定版ES-004フランスFT-17軽戦車(奉天軍)は奉天軍が使用してZB26機関砲を搭載した砲塔をレジンで忠実に再現しました。そして、中華民国北洋軍閥の総帥の張作霖を1/35スケールでフィギュアにして、キットに1個付きます。この戦車を選んだのは奉天軍のFT-17は中国の初の戦車だからです。初の戦車をモデル化にして華南地域で行われた第1回目の全国的なコンテストに展示できて、MENGにとっても意味があります。

 

 

また、会場でセールスキャンペーンを行う予定です。お手軽価格でMENG全シリーズの製品を買える以外、ご来場のモデラー達に面白いゲームを用意しますよ。ご存知のように、開発担当者は自社の製品がよく知っているのでライナーだけみると製品名が言い出せます。もし山のように積んだ部品からランナー(8元/個)、説明書とデカールを選んだら、低い価格でMENG製品を買えます。ファンだったら、一番新しい製品や限定版製品を買えるかもしれません。

 

 

では、2018年10月5日—6日に、深セン宝安区の科術館でお待ちしております。