「造艦師」たちに埠頭を作ってあげましょう

 

 

戦艦を好む方は工業時代の港湾に対して深い印象を持っているでしょう。鋼鉄や、ボルト、蒸気、がっしりとしたはしけ、並び立ったクレーンなど、その時代の印のような存在で時には思い浮かべます。

 

MENG WB-006造艦師-“工業時代の港湾”はまもなく発売します。全長181mm、高さ98mm、合計53個部品。工業時代の港湾をカートゥーンし、クレーン、はしけ、蒸気列車、タワー、倉庫などを再現され、さらに飛行船をを係留するタワーも付きます。主なビールも自由に位置交換できたり、何個のキットを使ってジオラマを拡大するもできたり、カートゥーン艦隊にぴったりでしょう。