市街戦のために生まれてきたレオパルド

 

ドイツの製造した主力戦車レオパルド2は今までも現用主力戦車の見習うべき戦車だといっても言い過ぎではありません。バリエーションのごとに戦争中に出たニーズを応じて時代の特徴を現した主力戦車になれました。レオパルド2A7+はその代表的な例となります。レオパルド2A7をベースにして新しいウエーポンステーションなどを加えたので、市街戦で近距離攻撃されてもすぐに反撃できます。


MENG TS-042ドイツ主力戦車レオパルド2A7+のプラスチックモデルキットはレオパルド2シリーズの最新型の風貌を再現しました。全長314.8mm、全幅114mm、合計937個部品。可動式サスペンションと履帯。車長用と装填手用ハッチが開閉状態を選択可能。すべての光学部がクリアパーツで再現、エッチングパーツが付く。