第8空軍のマスタング

 

P-51Dはマスタング・シリーズ中最も大切な型番で、増加燃料タンクが装備され、視界が改良され、生産数一番多いマスタングになります。第二次世界大戦におけて西北ヨーロッパで駐在したアメリカ第8航空軍は主にドイツに対し昼間爆撃を行いました。戦闘力が高くマイティ・エイス(Mighty 8th)と呼ばれるようになりました。使用機材として重爆撃機及びその護衛戦闘機などで、ドイツ空港の戦略爆撃任務を遂行し、たくさんのエース・パイロットが出てきました。そして、ほとんどエースが操縦したのはマスタングになります。

 

LS-010ノースアメリカンP-51D/K戦闘機第8航空軍のプラスチックモデルは2種類の第8航空軍エース塗装パータンを提供、全長205mm、翼幅236mm。接着剤を使用せず組み立てやすい。精確な外形と豊かなデイテールで多種類の搭載武器を選択でき、存分に楽しめるでしょう。