王様の初戦

 

  1944年7月11日にカーン戦線でドイツ国防軍第503機甲師団第3中隊が指示でコロムベールズ(Colombells)に駐留したカナダ部隊に攻撃をしました。ドイツ軍の最強戦車を採用したばかりのこの中隊は当日シャーマンを12両撃破、2両捕虜したという戦績を取りました。新型戦車の登場はすぐに敵に広く知られました。そして、パンターに似ているこのおそらしい戦車をキングテイーガーと呼ばれました。カーンというノルマンディーの小さな町は1944年夏の戦争で人に覚えられ、キングテイーガーもカーン戦争で兵士たちに怖いと思われました。
  TS-037ドイツ重戦車Sd.Kfz.182キングテイーガー(ポルシェ砲塔)はカーン戦争を記念するために開発された限定品プラモデルです。完成品全長XXXmm、全幅YYYmm、合計ZZZ個部品。何種類のキングテイーガーを選択可能。主砲と機関銃は可動で、メタル砲身、連結式履帯、エッチングと冶具が付きます。限定品として、カーン戦争の記念品も含まれます。SPS-060ドイツ重戦車Sd.Kfz.182キングテイーガー(ポルシェ砲塔)用ツインメリットコーティングデカールとSPS-062ドイツ重戦車Sd.Kfz.182キングテイーガー(ポルシェ砲塔)のインテリアセットも同時に発売する予定です。